読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安藤選手のケガ離脱がなでしこを強くした 仲間との共存共栄がモチベーションのメンバー達

エンタメ サッカー 人志向

f:id:makomako12i-color:20150704204732p:plain

こんにちは。i-colorに基づき子どものやる気と自己肯定感アップをお手伝いしていますスポーツキッズコミュニケーターのMAKOです。

サッカー女子日本代表なでしこがワールドカップを勝ち上がり、とうとうアメリカとの決勝戦を残すのみとなりました。

ここまでのなでしこチームの雰囲気を見ていると、まさにi-color人志向(=自分だけでなく仲間と共に成長し喜びを分かち合いたいタイプ)の主力メンバーが、チームの気持ちをひとつにまとめて来たんだなぁと深く実感してしまいます。

そしてサッカー男子日本代表メンバーの中にも人志向の選手がいます。今回はこの人志向のサッカー選手』についてまとめてみました。

安藤選手のケガ離脱が人志向メンバーの団結力をより強くした

f:id:makomako12i-color:20150704205438j:plain

(画像:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150611-00668074-gekisaka-socc

ワールドカップ初戦のスイス戦で決勝点に繋がるPKを得たものの、相手選手との接触により左足首を骨折し離脱した安藤梢選手。このアクシデント後から、なでしこの選手達に「あんち(安藤選手)の思いと共に戦おう!」というスイッチが入ったのです。

以前も下記記事で投稿した通り、なでしこチームには佐々木監督・澤穂希選手を始め、大儀見優季選手、川澄奈穂美選手、阪口夢穂選手、大野忍選手、岩渕真奈選手が、仲間と共に歩む道を好むi-color人志向です。

そして直感とセンスで動くi-color展開志向岩清水梓選手、有吉佐織選手、熊谷紗希選手も価値観の約半分にこの人志向を持っていたのです。そして淡々と我が道を進むi-color自分志向であるキャプテン宮間あや選手も同じく一部に人志向を持っていました。ここまで揃うとこれはもう奇跡的です(笑)

試合中ベンチには安藤選手の背番号7のユニフォームを来たホワイトベアが座り、試合後は選手がこのベアを順番に抱きかかえながらインタビューを受けています。

そしてイングランド戦の直前。ロッカールームで円陣を組んだ時、LINEで繋がっていた安藤梢選手から「私をバンクーバーに連れて行って!」と声がかけられたそうです。バンクーバーは言わずも知れたワールドカップ決勝戦の会場です。

このメッセージを聞いて人志向の選手陣のモチベーションが高まらない訳がありません!全員が安藤選手と共に戦ったていたのでしょう。

安藤選手のアクシデントが、佐々木監督に「負ける気がしない」と言わせてしまう程の団結力を生んだと言っても過言ではなさそうです。

マインツ移籍前に結婚を決めた武藤選手

f:id:makomako12i-color:20150704210710j:plain

そして今日ステキなニュースが舞い込みました。ドイツ1部リーグのマインツに移籍が決まっている武藤嘉紀選手が結婚を発表しました。
武藤選手のi-colorを調べてみると、本質的カラーはバイオレット、人前で見せる外面的カラーはピンク。どちらも人を大切にする人志向です。上記TVインタビューでもチームメイトに溶け込む事を今から意識している様子が感じ取れます。

仲間といる事で心が安定する人志向が日本を離れ1人海外に乗り込む時、他の志向には計り知れない程の緊張と不安を抱えているのです。
結婚が決まり奥様がドイツに帯同する事で、武藤選手のメンタル面は強力にサポートされる事でしょう(^^)

サッカー男子日本代表経験選手で人志向なのは、長友佑都選手、柴崎岳選手、今野泰幸選手などです。For the Team的志向が感じられる顔ぶれです。そして来シーズンについては長友佑都選手もコメントしていました。

恩師や仲間への恩返しが長友選手のモチベーション

 f:id:makomako12i-color:20150704212217j:plain

2014年FIFAワールドカップグループリーグで敗退した直後のインタビューで、長友佑都選手は泣き崩れながらこう発言していました。

「ワールドカップでの勝利を今までお世話になった方々や支えて下さったファンの方々に恩返ししたかった。その願いが果たせず本当に申し訳ないです。」
i-colorオリーブ(人志向)である彼の原動力はまさしく大切な人達の期待に応えるプレーをして皆を笑顔にする事なのです。
そして彼の来シーズンの去就が気になるところですが、彼は「インテルに残りたいです。チームメイトやスタッフ皆が僕を愛してくれていると感じていますこれ以上のクラブはない。インテルセリエAのタイトルを獲りたいです。」とインテルを語っていました。
実際彼はSNSにインテルの多くのチームメイトと撮った仲睦まじい上記のような写真を何度となくアップしています。彼の中に、自分の能力を買ってさえくれれば移籍に合意するという価値観はないようです。人間味あふれるこの姿勢がファンを惹きつけるのでしょうね。

まとめ 

仲間と共に歩む事に幸せを感じる人志向グループの価値観。なでしこチームは今その共通した価値観から『安藤選手と共に戦う団結力』という最強のパワーを生み出しました。
因縁の対決となった頂上決戦の日本vsアメリカ戦。最高の結果を残せるように強力な団結力で頑張ってほしいです!!