読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

澤穂希選手引退 今後は家庭で彼女の素質を生かしてほしい

エンタメ サッカー i-colorイエロー

f:id:makomako12i-color:20151218091503j:plain

女子サッカー日本代表なでしこチームを牽引してきた澤穂希選手が引退を発表しました。
15歳で代表デビューし、オリンピック4大会・ワールドカップ6大会に出場した日本No.1のストライカーである澤選手。2011年女子ワールドカップドイツ大会では、なでしこジャパン主将として日本初の世界一に貢献し、得点王と最優秀選手に輝きました。今年の女子ワールドカップカナダ大会では準優勝に貢献。そしてプライベートでは8月にJ1仙台勤務の辻上裕章氏と結婚されています。
そして来年にリオオリンピックを控えたこのタイミングで突然の引退を発表した事により、彼女の発言に注目が集まりました。

「引退の一番の理由は心と体が一致してトップレベルで戦うことが難しくなったと感じたから。人生最大の決断となりましたが、悔いのないやりきった本当に最高のサッカー人生でした。残り最大で3試合残っています。今まで応援して頂いた方々に感謝の気持ちを込めて精一杯プレーし、サッカー選手澤穂希として最後の生き様を見せたい。今まで応援して下さった全ての方々に感謝したい」

今日はi-colorに基づき彼女の心意を読み解いてみました。

澤穂希選手のi-color

彼女のi-colorはイエロー。誰よりも仲間の活躍を喜び人への気遣いを忘れないカラーです。世界一を目の前にしたワールドカップドイツ大会決勝戦の前夜、彼女は「チームメンバーが決勝戦でこんな風に活躍できたらいいなぁと頭に映像化してイメージしていたらすごくワクワクしながら眠れた」と話しています。常に自分よりも大切な仲間に意識が向く澤選手らしいコメントです。

そして仲間達もその気持ちをしっかり受け止めています。ワールドカップで共に優勝を経験した大儀見優季選手は「感謝しかない。女子サッカーの道を切り開き歴史をつないでくれた」とコメント。同じく優勝メンバーの川澄選手は、自身のブログで「まだ試合残っているのに泣きそうです」と言っています。常に自分の事より仲間を思いやる彼女ですから、選手達が心から感謝し敬意を評するのも納得です。

「去年から現役を続けるか続けないか自問自答を繰り返してきた。その中で主人にも背中を押してもらいサポートしてもらってこの1年本当に頑張れた。ワールドカップを終えた瞬間に悔いなくやり切れたと思えた。その時から今年いっぱいかなという気持ちでここまで来た。去年代表から外れた時に、体も心も一致してトップレベルにするには難しいと思っていた」

「結婚していようがいまいがこの決断に変わりなかった。逆にむしろ主人が支えてくれたのでこの1年頑張れた」

ここまで旦那様の存在に対し素直に感謝を表す姿に、家族を大切にするi-colorイエローの家族愛を感じます。今年大注目されたラグビー日本代表五郎丸歩選手も同じi-colorイエローです。彼がサンウルブス入団を決めた一番の理由は『家族との時間を最優先した結果』でした。澤選手と五郎丸選手に強い共通点を感じます。

また、引退発表をこのタイミングにしたのにも彼女ならではのこだわりが見えます。

皇后杯が終わってからみんなに伝えるのでは、終わってバイバイで寂し過ぎる。動揺させるのもあったが、みんなと共有意識を持って、優勝に向けてひとつになるためにもこのタイミングで発表させていただいた。1試合1試合今持っている全ての力を出し切って、支えてくれた全ての人に感謝の気持ちを込めて、澤穂希らしい泥臭い最後まで諦めないひたむきなプレーを見せられたら・・」

最終戦が終わってからメンバーに別れを告げるのではなく最後に仲間と心を一つにして戦いたい、そして自身の最後のプレーを多くの人に観てもらい今までの感謝を伝えたいと考えたのでしょう。

次のステージは自然体で自分らしくいられる道を

これだけの大スターの引退ですから、今後の進路については期待も含めて様々な憶測が立っており、参議院選の出馬を待望する声も上がっています。信頼する人やお世話になった人達から依頼されると断れない性分のi-colorイエローですが、ここはその優しい気持ちを抑え、是非自分の幸せを第一に考えた選択をしてほしいです。

前述の通りiーcolorイエローは家庭を人一倍大切にする傾向があります。今まで日本女子サッカー界を牽引し、その強い責任感からプライベートは自然と二の次にしてきた事でしょう。今後は自分の気持ちを第一に考え、今まで自分を支えてくれた旦那様を愛情を持って誠心誠意サポートし、良き妻として、また近い将来には良き母として素敵な家庭を築いていってほしいと心から願います。そして家庭を第一に考えつつ、女子サッカーの更なる成長のために、選手達の良きアドバイザーとして個々の選手をフォローする役割を担っていただけたら・・という希望も持ってしまいます!
澤選手、長い間本当にお疲れ様でした。そしてお幸せに♡

*********************************************

現在下記ホームページにて引き続き
ブログを更新しています。
是非クリックしてご覧ください!

http://makokouno.main.jp/wp/blog/

 

広告を非表示にする