読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『いい夫婦』に共通するお互いの違いを受け入れた関係性

f:id:makomako12i-color:20151120133004j:plain

今週末の11月22日は『いい夫婦の日』。

この日を前に某生命保険会社が実施したアンケートより「理想の夫婦」が発表されました。
i-colorを学んだ仲間同士でもよく話題になるテーマは「夫婦は同じ志向が良いのか、違う志向が良いのか?」今回は理想の夫婦上位3組からこの疑問を検証してみます。

理想の夫婦3位:ヒロミ&松本伊代ご夫婦

f:id:makomako12i-color:20151120133033j:plain

最近、旦那様であるヒロミさんが伊代さんのエピソードを面白おかしく話しているシーンを頻繁に目にします。

普通女性は旦那様にこのような発言をされると嫌がるものです。しかしヒロミさんの場合、その話す姿から伊代さんへの愛情がたっぷり感じ取れるため、女性も不愉快には感じないのでしょう。

ヒロミさんのi-colorバイオレット。家族を始め一度仲間と認めた人のためなら身体を張ってでも守る人志向タイプです。伊代さんがどんなミスをしても「自分がフォローして守ってあげればいいんだ」と考え行動してくれる優しさも、多くの女性から支持されるポイントでしょう。

それに対し、伊代さんのi-color本質も外面もグリーン。i-colorの中で最もマイペースで、何を言われてもさほど気にせず自分らしさを通せる自分志向タイプです。このある意味ぶれない伊代さんの姿(笑)は、常に周りの人を気遣ってしまうヒロミさんにとって羨ましくもあり愛すべき存在なのだと感じます。

理想の夫婦2位佐々木健介北斗晶ご夫婦

f:id:makomako12i-color:20151120133104j:plain

現在乳ガンと向き合い治療に専念している北斗晶さんのi-color自分志向のコーラル。それに対し佐々木健介さんのi-colorは大切な人の為に生きる人志向のピンクです。負けず嫌いなコーラルと心優しいピンクは一見タイプが大きく違うので「お互い理解し合えないのでは?」と感じる人もいるでしょう。

どんな高い壁にぶつかっても立ち向かっていくコーラル(自分志向)の北斗さんと、それを献身的に支えるピンク(人志向)の健介さん。この『自分志向&人志向の夫婦』は、実は絶妙にバランスの取れた組合せなのです。前述のヒロミさんと松本伊代さんもこの組み合わせですね。


何事も自分の考えで進んで行く自分志向と、このパートナーが自分らしく楽しく過ごす事を心より願う人志向の組み合わせ。
この組み合わせ夫婦は他に、愛川欽也さん&うつみ宮土理さん、山口智子さん&唐沢寿明さん、江口洋介さん&森高千里さん、木梨憲武さん&安田成美さん、松嶋菜々子さん&反町隆史さん、井ノ原快彦さん&瀬戸朝香さん 等々。前述の人(自分志向)が自分らしく生き、後述の人(人志向)がそれを束縛せずに見守っている関係性です。

 

そして北斗さんと健介さんのカラーの場合、ポジティブ思考という共通点を持っています。北斗さんの病気治療に向けてもこの思考はメンタル的に良い方向に働きます。

今朝も北斗さんが髪の毛を丸刈りにした写真がアップされ、カットの途中経過を皆で大笑いして楽しんだとのエピソードが書かれていました。

 f:id:makomako12i-color:20151120134052j:plain


このどんな場面でも前向きに楽しんでしまえる思考は、病気だけでなく試合で負けている時などにも大きく効果を発揮します。団体競技には必ず必要な存在ですね。

北斗さんと健介さんがポジティブに心をひとつにして、ガンという敵に勝利してほしいと心より願います!

理想の夫婦1位三浦友和山口百恵ご夫婦

f:id:makomako12i-color:20151120133346j:plain

そして殿堂入りとも言うべく10年連続1位に選ばれたのは、三浦友和さんと山口百恵さん夫妻です。三浦友和さんは本質カラーが自分志向のオレンジ+外面カラーが人志向のオリーブ

山口百恵さんは本質カラーが自分志向のゴールド+外面カラーが人志向のバイオレット

つまりお2人の志向は『本質が自分志向・外面が人志向』という共通点があります。共に同じ志向グループですから、話し合いが必要な時も意見が大きく対立する事は少なく同調しやすいと思われます。

そしてお2人共に本質が自分志向で根本に『相手は相手、自分は自分』という考えが貫かれているため、お互いを束縛する事なく、個々の時間を大切にできる自立し合ったご夫婦と言えるでしょう。

まとめ

同じ志向を持った夫婦と全く違う夫婦。どちらも『パートナーへの関わり度合い・干渉度合い』が重要ポイントだと改めて感じます。パートナーと自分の志向の違いを改めて見直し、パートナーは私の言動を本当に心地よく感じているのか、またお互いの違いへの寄り添い方は今のままでいいのか、夫婦の日に2人でボジョレーヌーボーでも飲みながら語り合ってみてはいかがでしょうか?

そしてお子さんのいる方は、夫婦円満が子どもの精神面に与える最高のプレゼントである事もお忘れなきよう♪

広告を非表示にする