読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇野昌磨選手と白井健三選手はピンポイント着火タイプ。2人の今後に期待大!

 f:id:makomako12i-color:20150216204207j:plain

こんにちは。スポーツキッズコミュニケーターのMAKOです。

昨年羽生結弦選手の衝突事故で注目度が増した男子フィギュアスケート。更に12月末には町田樹選手の突然の引退発表。そんなトップ選手が不在の中、男子フィギュアスケート界に新星が登場しています。

宇野昌磨選手17才。159cmとかなり小柄ですがそれを感じさせない伸びやかなスケーティングで流れのある演技を見せてくれます。今シーズンから4回転の成功率が格段に上がり技術面でも急成長を見せています。

そして同じく17才で男子体操界を賑わせている白井健三選手。この若さにして得意のひねり技で『シライ』シライ2』と自分の名前が付く新技を生み出しています。

実はこの2人の思考タイプをi-colorをもとに見てみると、ひじょうに近しいものを持っていたのです。

 

ターゲットがピンポイントのi-colorゴールド 

彼らのi-colorは同じゴールド。他人と横並びで同じ事をするのが嫌いで、人とは違った角度からこだわりの発想をするのが得意。何よりオリジナリティを大切にするタイプです。周りを気にせず常にマイペースで、ひょうひょうとした自由人といった印象です。

このタイプの子どもを持つ親御さんは決まって「何が好きで何がやりたいのか全然見えないんです」とおっしゃいますが、それには理由があります。i-colorゴールドやる気になるターゲットはピンポイントなのです。ですから幼少期にそれが見つかっていない方が普通なのです。ある時「自分がやりたい事はこれだ!!」とピンと来ると急にスイッチが入り、他の事には目もくれずその分野に没頭して突き進む傾向があります。つまり宇野昌磨選手と白井健三選手は早くからスイッチが入った少数派タイプと言えます。
また、スイッチがガッチリ入ったi-colorゴールドの一流アスリートは他にも数多くいます。同じフィギュアスケート界では浅田真央さん、サッカーの本田圭佑選手、オリンピック選手ではスピードスケートの橋本聖子さん、清水宏保さん、体操男子の加藤凌平選手。錚々たるメンバーが揃っていますね!

実は浅田真央さんのお母さんは「真央をバレリーナにしたい」という夢を持ってバレエを習わせ、バレエでのバランス能力を高めるためにプラスでフィギュアスケートを習わせたそうです。ところが真央ちゃんはバレエではなくフィギュアスケートにやる気スイッチが入ったのです。その後『トリプルアクセル』という一点に更にターゲットが絞られます。加点ルールが変更され上位の成績を収めるためにトリプルアクセスを飛ばない選択肢があったにも拘わらず、彼女は最後まで『トリプルアクセル』に執拗なまでのこだわりを持っていました。
その他の選手を見ても、本田圭佑選手の個の能力を高める事をストイックに追求する姿勢、そして白井健三選手の得意技『ひねり』から生み出される新技の数々・・・。自分だけのオリジナリティ溢れる理想の姿を追求している所に共通点が見えてきます。

宇野昌磨選手はシニアに仲間入りしたばかりですが、これからどんなこだわりポイントを打ち出してくれるのか今後が楽しみです!

緊張しないi-colorゴールド  

また、他のタイプに比べると本番にさほど緊張しないのもi-colorゴールドの特徴です。白井健三選手は大会後のインタビューで「ただただ楽しかったです。緊張しなかったし歓声も楽しめました。集中して自分の演技がしっかりできれば結果はついてくると思っていました」と語っていますし、宇野昌磨選手も四大陸フィギュアスケート選手権の直前に「挑戦する立場で失うものがないので緊張はないです」と新人とは思えないコメントをしていました。

しかし今回の四大陸選手権フリーは滑走順が悪過ぎました。1つ前に出場したデニス・テン選手がこの上ない完璧な演技でダントツの高得点191.85点(技術点100.45点・演技構成点91.40点)を叩き出し、彼を称賛する大声援の余韻が残る中での演技スタートとなったのです。いつもは周りを気にしない宇野選手でもさすがに思うような演技は出来ませんでした。彼にとって初めてとも言える大きな試練でしたが過去の結果を引きずらないのもこのタイプ。次の大会では気持ちを切り替えてすばらしい演技を見せてくれる事でしょう!

ゴールドタイプの子どもの伸ばし方  

一点集中型のi-colorゴールド。このタイプのお子さんにはスポーツ系・芸術系・研究系など様々なジャンルを体験させて、彼らが自ら「ピン!」と来るのを待ちましょう。親御さんにとってはちょっと気長に感じますが、1度わくわくスイッチが入ってしまえばあとは没頭して自走してくれるので実は楽なのです。せかす事なく子どもの目がキラリと輝く瞬間を見逃さないで下さいね!

まとめ   

自分の大好きなニッチポイントが見つかると集中して突き進むi-colorゴールド。彼らが没頭している姿は見ているこちらも元気になれる程パワフルで輝いています☆

宇野昌磨選手と白井健三選手。この若きアスリートの今後の活躍に注目です!!