MAKOのブログは2016年より下記にお引越しします!

こんばんは。2015年も残すところあと3時間を切りました!今年も本ブログをお読みいただき、ありがとうございました。今年最後のブログは『ブログお引越しのご報告』です!12月から徐々に作成していたホームページが無事年内に完成しました(^▽^) 今まで書…

油井宇宙飛行士とさかなクン 見習いたい2人の親の子育て姿勢

7月から国際宇宙ステーションに長期滞在していた日本人宇宙飛行士の油井亀美也さんが12月に帰還されました。 油井さんのご実家は長野県のレタス農家。航空自衛隊のパイロットからの転身という個性的な経歴の持ち主です。 そして分野は全く違いますが、最近は…

「わたしはいい子じゃないからサンタは来ない」彼女の真意は?

今日はクリスマスイブ。この日になると必ず思い出されるのが、生徒の発したこの言葉です。 自宅で子どもを対象にした英語レッスンをしている私ですが、毎年12月最後のレッスンでは私がサンタ役になり生徒達に気持ちばかりのプレゼントを渡しています。渡す前…

澤穂希選手引退 今後は家庭で彼女の素質を生かしてほしい

女子サッカー日本代表なでしこチームを牽引してきた澤穂希選手が引退を発表しました。15歳で代表デビューし、オリンピック4大会・ワールドカップ6大会に出場した日本No.1のストライカーである澤選手。2011年女子ワールドカップドイツ大会では、なでしこジ…

羽生結弦選手に見習いたい4つの凄さ

フィギュアスケートで羽生結弦選手がまたもや快挙を成し遂げてくれました。 シーズンベスト6が揃ったグランプリシリーズにてショート・フリー共に世界最高得点を叩き出しダントツの成績での優勝です! 今回は羽生選手の凄さを知るべく、彼の考え方で見習う…

「子どもだから」とわが子を侮っていませんか?

(画像元:http://www.npwo.or.jp/interview/2007/post_5.html) 昨日心に響く記事を読みました。NHKの子ども番組「できるかな」(1970年~1990年放送)に出演していた高見のっぽさん(81)の記事です。「のっぽさん」を知っているか否かで年代がバレるところ…

あなたの家族のマイノリティは誰ですか?

皆さんのご家族は似たもの同士ですか?それとも家族一人ひとりの個性が立ち全員違うタイプですか? よく聞くのは「うちはあの子だけ全く違うのよねぇ」という言葉です。家族で話をしていても1人だけ ・物事の観点が大きく違う ・いつも皆とは一味違う意見を…

サクラセブンズにはなでしこと同じチームワーク力があった

(画像元:twitter.com) 女子7人制ラグビー『サクラセブンズ』がアジア予選大会で見事優勝しリオオリンピックの出場権を獲得しました。 5年前までアジアベスト8だったチームがここまで急成長したのは、男子同様フィジカルの強化を意識した過酷な練習を耐…

長嶋名誉監督から高橋由伸監督に渡されたボールの重み 同じ志向タイプが持つ思いとは

読売ジャイアンツに新たな変革の時が来ました。 2006年から2度目の監督時代を長きに渡り務め上げた原辰徳監督が今季限りで退任されました。そして白羽の矢が立ったのがコーチと選手を兼任していた高橋由伸選手。長嶋茂雄名誉監督の強いラブコールがあったと…

『いい夫婦』に共通するお互いの違いを受け入れた関係性

今週末の11月22日は『いい夫婦の日』。 この日を前に某生命保険会社が実施したアンケートより「理想の夫婦」が発表されました。i-colorを学んだ仲間同士でもよく話題になるテーマは「夫婦は同じ志向が良いのか、違う志向が良いのか?」今回は理想の夫婦上位…

宇野昌磨&本郷理華 スケート界の若手2人の急成長に注目!

こんにちは。スポーツキッズコミュニケーターのMAKOです。 今年も大好きなフィギュアスケートのシーズンがスタートしています。浅田真央選手の復帰に話題が集中していますが、若手選手の成長ぶりにも目を見張るものがあります。 今日はその中から男子は…

五郎丸選手と同じ志向タイプにはこんなスポーツが向いている

こんにちは。スポーツキッズコミュニケーターのMAKOです。 ラグビーワールドカップで一躍『時の人』となった五郎丸歩選手。オーストラリアのスーパーラグビーチームレッズ入団を発表しまたもや注目を集めていますが、その会見内容に五郎丸選手の志向が垣…

内村航平ママの子育て教訓を全ての溺愛ママに聞いてほしい

前回このブログで内村航平選手について書きましたが、タイミング良く某TV番組にて彼の母周子さんがご自身の子育てを振り返っていました。そこで今日は内村周子さんに注目してみます。 皆さんもご存知の通りかなり個性の強い方ですのでi-colorは何だろう?…

『体操団体金』にこだわる内村航平選手の価値観

こんにちは。スポーツキッズコミュニケーターのMAKOです。 体操男子日本代表メンバーがとうとうやってくれました!!世界選手権の体操団体総合で6連覇中の中国を抑え、37年ぶりに悲願の金メダルを獲得です!! 個人の金メダルではなく『団体での金メダル』…

強力ソフトバンクに対するヤクルトの巻き返し策は?

プロ野球では日本シリーズが始まり早くも2戦が終了。ソフトバンクホークスが2連勝でコマを優位に進めています。しかし日本シリーズは短期戦のため、何かをきっかけに流れがガラッと変わる事もあります。そして必ずやシーズン中の成績通りの結果が出るとも…

いじめる相手の懐に入る勇気-いじめを自力で食い止めた小5女子の視点

今回は、私の友人のお子さんが小学校5年の転校時にいじめを受けそれを自力で克服したお話をご紹介します。 彼女の発想力と粘り強さを見てください。

大村教授と梶田教授の素直な思いを伸ばしたご家族の対応

今年のノーベル賞は日本人の教授が2名も受賞されました。大村智教授と梶田隆章教授です。お2人の受賞後の会見や取材記事から、教授それぞれのi-colorタイプが色濃く出ていましたのでまとめてみました。 多くの人々の役に立ちたいi-colorバイオレット ノーベ…

本田圭佑選手のミラン批判は彼らしさの象徴

(画像元:http://sportiva.shueisha.co.jp/clm/wfootball/2014/08/28/post_641/) 昨晩のサッカー日本vsシリア戦。前半は精彩を欠いた状況でしたが、後半は主力メンバーの活躍で久々に気持ちの良い勝利でしたね!ミランで最近出場機会がなかった本田圭佑選手…

ヤクルト真中監督はあの有名高校監督と近しい志向だった

福岡ソフトバンクホークスのパ・リーグ優勝に続き、東京ヤクルトスワローズがセ・リーグ優勝を決めました。ソフトバンクの工藤公康監督に比べてしまうとやや注目度の低かった真中満監督。チームを14年ぶりのリーグ優勝に導いた彼の指導法とi-colorについて調…

吉田沙保里選手と登坂絵莉選手 全く違う指導者と選手の相性

前回は、女子レスリング世界選手権で金メダルを獲得した53kg級の吉田沙保里選手と48kg級の登坂絵莉選手に注目しました。タイプの違う2人のレスリング選手は子どもの頃からどんな指導を受けてきたのか気になり調べてみたところ、それぞれの指導法には明確な…

吉田沙保里選手の涙の理由と登坂絵莉選手の存在

(画像元:http://www.jiji.com/jc/p_archives?id=20150910135943-0019879209) 先日のレスリング世界選手権で女子2名が金メダルを獲得しました。48kg級の登坂絵莉選手と53kg級の吉田沙保里選手です。吉田沙保里選手はオリンピックを含めた世界大会16連覇&個…

『感情の連鎖』を家族内でも活かしていこう!

我が家の娘は今バイトをしています。お金のありがたさとお金を得る苦労を知っておく事も勉強だろうと思い、学業に影響がない範囲でという条件付きで容認しています。 そして昨日娘がバイトから帰って来るなり、あるお客様の話を始めました。 バイト先で会っ…

男子バレーNEXT4の素質の違いと活かし方

女子バレーは検討虚しく今回のワールドカップでリオ五輪出場権を獲得できませんでしたが、古賀紗理那選手・大竹里歩選手・宮下遥選手など若手選手の活躍が光る戦いでした。 そして女子に続き、男子ワールドカップバレーがスタートしました。こちらも若手選手…

野球U-18のメンバーはプロ顔負けの大人の集団だった

今年の暑い夏も終わりを迎えました。この夏の高校野球は100年目を飾るに相応しく、多くの球児達の活躍は目を見張るものがあり、毎日本当に見応えがありました。そんな高校野球熱が未だ冷めやらない私の次の楽しみは、現在大阪で開催されているU-18ベースボー…

バレーボール木村沙織らしいチームワークの作り方

今週からバレーボールワールドカップがスタートしました。 女子日本代表は主将が竹下佳江選手から木村沙織選手になり、若手の選手も数多く台頭してきています。 木村沙織選手が主将になったばかりの頃、私は「責任感から色々抱え込んで悩まないといいけど・・…

小6娘の受験校のポジショニングが面白い

子ども達の夏休みもあと1週間と少し。我が家の娘(小6)はこの夏休みの大半を勉強に費やしました。来年2月に中学受験を控えているためです。塾の先生からは「この夏休み中に受験校をほぼ確定しておくように」と言われています。 学校を選ぶポイントは家庭に…

山本功児&武白志の父子愛は同じ志向タイプによる賜物

(画像:http://news.nifty.com/cs/sports/baseballdetail/nikkansp-20150815-08150131/1.htm) 今年の高校野球は活躍する球児と共に、選手のお父さんにも注目が集まっています。 早稲田実業の清宮幸太郎選手のお父さんは元ラグビー日本代表、現ヤマハ発動機ジ…

金メダリストを創出したコーチの指導法が選手を伸ばす 竹村コーチの場合

前回は競泳女子200mバタフライで金メダリストになった星奈津美選手の指導者平井伯昌コーチに注目しましたが、続いて今回は競泳女子200m平泳ぎで金メダルを獲った渡部香生子選手の指導者竹村吉昭コーチの指導法についてです。 竹村コーチの指導モットー 竹村…

金メダリストを創出したコーチの指導法が選手を伸ばす 平井コーチの場合

現在ロシアのカザンで行われている世界水泳。萩野公介選手がケガで出場できない中、女性選手陣が活躍を見せています。女子200mバタフライ金メダリストの星奈津美選手、そして200m平泳ぎ金メダリストの渡部香生子選手です。今回は星選手のコーチ平井伯昌氏…

夏休みに中高生の子どもと共に鑑賞したい映画『何のために』

毎日うだるような暑さですね。 こんな猛暑続きの夏休みは、屋外よりも室内のイベントに足が向くものです。せっかく行くなら親子で一緒に満足できるイベントに参加したいですね。 そこで今回は、私の友人が8月に自主開催する予定の映画上映会(1日3本上映)で…

平沼翔太選手の抜群のセンスと内に秘めた闘志からi-colorタイプを解いてみた

前回は早稲田実業の清宮幸太郎くんに注目しましたが、今日はピッチャー編。春に続きこの夏も甲子園出場を決めた福井県代表敦賀気比のピッチャー平沼翔太くんに注目しつつ、彼のi-colorタイプの特徴についてまとめてみました。

清宮幸太郎選手の父克幸氏のスポーツ子育て法を見習いたい

今日は高校野球界で大注目の早稲田実業1年清宮幸太郎くんについて、また彼の父である元ラグビー日本代表の清宮克幸さんの子育て法から見習いたい点をまとめてみました。

萩野公介選手の世界選手権欠場で最も影響を受けるのは

(画像: http://www.hochi.co.jp/sports/etc/20150703-OHT1T50097.html) こんにちは。スポーツキッズコミュニケーターのMAKOです。 本格的な夏に向けて各種スポーツの大会が目白押しです。そんなワクワクする中、楽しみにしていた世界水泳開幕直前に残念な…

夏休みは子どもの『やわらか地頭(じあたま)』を作るチャンス!

もうすぐ夏休み。既に小学校からも夏休みの各種イベント案内のチラシが毎日のように届きます。 今の子ども達は学校と数多くの習い事でスケジュールが埋まる毎日。なかなか新しい事にチャレンジする時間はありません。 しかし夏休みともなると少しはフリーな…

安藤選手のケガ離脱がなでしこを強くした 仲間との共存共栄がモチベーションのメンバー達

サッカー女子日本代表なでしこがワールドカップを勝ち上がり、とうとうアメリカとの決勝戦を残すのみとなりました。 ここまでのなでしこチームの雰囲気を見ていると、まさにi-colorの発案グループ(=自分だけでなく仲間と共に成長し喜びを分かち合いたいタイ…

【母と子の関係 その3】母と娘がこじれる理由には母の過去が関わっていた

母子関係でも特にこじれやすい母と娘の関係性。今回はトーク会で新たに発見した事を【母と子の関係 その1】でお話した3つのタイプの母(完璧強要ママ・ベタベタ過干渉ママ・サバサバ放任ママ)ごとにまとめてみました。

【母と子の関係 その2】最もこじれやすい母娘のタイプとは

こんにちは。今朝は女子サッカーWカップ初戦の日本vsオランダ戦を1人TVの前で観戦し盛り上がっていたMAKOです(^^)その話題はまた別の機会に書く事にします。 今回は『母と子の関係』第2弾として、母子関係が激しくこじれた事例をi-colorを交えて読み解いて…

【母と子の関係 その1】あなたは3つのママタイプのうちどのタイプ?

こんにちは。スポーツキッズコミュニケーターのMAKOです。 昨日は子育てに様々なお悩みを持つママさん約20名にご参加いただき『親子の志向の違いを知り子どものやる気を伸ばす』をテーマにセミナーを開催してきました。 今日は母子関係をテーマにした…

【サッカー日本代表のi-color分析-後編-】ハリルジャパンは瞬時の判断力に長けた展開志向に期待大!

サッカーワールドカップ予選がスタートしましたね! 今回は後編。サッカー男子日本代表、ハリルジャパンのi-color分析をしてみました。

【サッカー日本代表のi-color分析-前編-】表彰シーンが物語るなでしこメンバーの共通点

いよいよサッカーワールドカップ予選が始まります。そこで2回に分けてサッカー日本代表のi-color分析をご紹介します。 前編は女子日本代表なでしこメンバーから。

ワクワク思考型とリスク思考型がお互いを生かし合うには

大きな地震も受け止め方は違う 昨晩の地震は日本列島全体を揺るがし揺れも長くて怖かったですね。思わずサッシを開けて逃げ場を確保したMAKOです。サッシを開けて身構えている私を見て「大丈夫じゃない?」とのんびりしている次女。一緒に同じ経験をしていて…

同じi-color同士は理解しやすい関係性か? i-colorオレンジで検証してみた

こんにちは。ここ数日、出かける先々で自分と同じi-colorとの出会いが続いているスポーツキッズコミュニケーターのMAKOです。ちなみに私のメインi-color(生まれ持った素質カラー)はオレンジ。自分らしく生きる事を求め、ゆっくりでも歩みを止めずに進む…

浅田真央ちゃんの現役続行は『自分らしさ追求型』らしい決断

昨日浅田真央ちゃんがフィギュアスケート現役続行の記者会見を開きました。真央ちゃんが「ハーフハーフ」と答え続けて来たため、引退を心配したファンも少なからずいたはず。ソチオリンピックの感動が忘れられない多くの真央ちゃんファンは今回の会見を心か…

運動会目前!運動嫌いの子をやる気にさせるオススメ会話ゲーム

5月は小学校の運動会シーズンです。今日は運動嫌いで運動会のやる気が失せている子どもの気分を良い方向に向ける親子の会話ゲームをご紹介します♪

我が子が母の日のプレゼントのツボを外さない理由

昨日は母の日。多くの家庭ではお子さんがお母さんへカーネーションを贈り、お母さんが笑顔になった一日だった事でしょう。お母さんは「子どもから贈られるならどんな物でも嬉しいわ♡」と言う人が大半でしょうが、それって本音でしょうか?(笑) 今日は、3つ…

開幕5連勝の高木勇人投手は愛されキャラのi-colorピンクでした

ケガ人続出の読売ジャイアンツ。そんな中ルーキー高木勇人投手の活躍ぶりは目を惹くものがあります。 今日はその高木勇人投手についてi-color的観点から見てみます。

スポーツ界に浸透してきたセイバーメトリクスと、i-colorについて-後編-

前編にひき続きセイバーメトリクスのお話を(^^)後編は、私がスポーツキッズコミュニケーターとして活用しているi-colorとの違いを中心に考察してみます。 (前編は下記をご覧ください↓) スポーツ界に浸透してきたセイバーメトリクスと、i-colorについて-前…

スポーツ界に浸透してきたセイバーメトリクスと、i-colorについて-前編-

こんにちは。スポーツキッズコミュニケーターのMAKOです。 先日鳥越規央先生の講演に出席させていただきました。鳥越規央先生は「勝てる野球の統計学」「プロ野球のセオリー」など本も多数執筆されている統計学の第一人者の先生です。 勝てる野球の統計…

柔道古賀稔彦氏の子どもを尊重した指導法が個々のやる気を伸ばす

柔道古賀稔彦氏と息子2人はLINEでコミュニケーションを取る事も。LINEには師と仰ぐ父からの優しく丁寧な長文メッセージが届いていました。 このコミュニケーション方法が示しているものは・・。

フィギュア国別対抗戦直前 日本とロシアの選手をタイプ別に分類してみた

今日から「世界フィギュアスケート国別対抗戦2015」がスタートします。日本のシングル代表選手は、羽生結弦選手・無良崇人選手・村上佳菜子選手・宮原知子選手の4名です。 国別対抗戦というフィギュアスケートには珍しい団体戦ですが、ソチ大会からオリンピ…